WiMAXのルーターの大まかな違いとおすすめ

情報更新日:2018年2月1日

「ワイマックス欲しいけど、機械とか回線とか、正直あまりわからないんだ~」

「スペックの違いとか、通信技術の違いとか、そういうのを一生懸命語られても理解できない、読むの面倒!」

そういう方も多いと思います。
そんな人にも最適なWiMAXルーターを選んでいただける3ステップをお伝えします。

Step1
あなたに必要なのは「モバイル」タイプ? それとも「ホーム」タイプ?
Step2
LTEオプション料が無料の3年契約にすべき? それとも2年契約でいいの?
Step3
どうせなら最新ルーターを選ぼう!

Step1 あなたに必要なのは モバイルタイプ?それともホームタイプ?

WiMAXには、持ち運んでどこでも使えるモバイルルーターと、主に家の中で使うホームルーターの二つのタイプがあります。

モバイルルーターの利点は、その名の通り持ち運んでどこででもインターネット接続を利用することが出来ることです。その目的でWiMAXを選ぶ方が最も多いと思います。

しかし最近は、家の中で使う固定回線の代用としてWiMAXを選択する方が増えています。今やWiMAXは光回線にも劣らないほどの高速大容量であることと、設置が簡単で早い。しかも利用料金も安価である。などなど、家の固定回線としても魅力的なんだと認知されてきたからです。

「しかし待てよ? モバイルルーターなら、家の中はもちろん外にだって持ち出せるんだから、なんでわざわざホームルーターを選ぶワケ? 幅広い用途で使えるモバイルルーターのほうがいいんじゃないの・・?」 そう思った人も多いでしょう。

もっともその通りなんですが、ホームルーターとモバイルルーターには決定的な違いがあるんです! 家の中で使うという用途を考えると「ルーターからスマホやPCに向けて飛ばすWi-Fiの電波の強さ」というのも重要です。このWi-Fiの電波を飛ばすチカラがまったく違います。

光回線などの固定回線のかわりに家の中だけで使うつもりでWiMAXを考えているのであれば、選ぶべきルーターは絶対にホームルーターです!

ホームルーターについて詳しくはこちら
ホームルーターとモバイルルーターの決定的違いとは・・”をご覧ください。

逆に「外でも使うよ! 」って方は迷わずモバイルルーターってことになります。

Step2 LTEオプション料が無料の3年契約にすべき? それとも2年契約でいいの?

LTEオプションとは

WiMAX2+の電波は、高速大容量が得意の電波ですが、建物の奥や地下施設では電波が届き難いという欠点もあります。それをカバーするのがLTEオプションです。
LTEはスマホなどで使われる800MHzの周波数帯域の電波で「プラチナバンド」とも呼ばれ、障害物も回り込んで進む特徴があり繋がりやすい電波と言われています。

2年契約プラン
WiMAXの契約で2年契約プランの場合は、LTEオプションは有料で、LTEモードを利用した月は別途オプション料1,005円/月がかかります。
3年契約プラン
WiMAXの契約で3年契約プランの場合は、LTEオプションは無料で利用できます。ただし月間7GBを超えると通信制限を受けるので注意は必要です。

3年契約にすべき人

場所を問わずインターネット接続が必要な人

外のいろんな場所でインターネットを使うという人は、LTEオプションが無料の3年契約がいいかもしれません。WiMAX2+(標準モード)で接続が不安定な時はLTEモードが役に立つでしょう。
しかし、LTEモードを頻繁に使う人以外は3年契約のメリットは少ないと思います。

2年契約にすべき人

使う場所が限定している人

例えば、家と職場以外はそんなに使わない。移動中も使うが、接続できない瞬間があってもそんなに支障はない。そういう人は2年契約がいいでしょう。
そもそもWiMAX2+(標準モード)の電波は心配する様な不安定な電波ではありません。普通に使っていて接続不安を心配することは無いと思います。

どっちにするか決められない人

決められない人は取りあえず2年契約で!

そうは言っても使ってみないとわからないという不安はあると思います。そんな方は取りあえず2年契約プランに申込みしましょう。

と言うのは、「やっぱりプランを変えたい!」という場合、2年契約から3年契約に変更は出来ますが、3年契約から2年契約に変更することは出来ないからです。

でもこれからは3年契約プランが主流になっていく

本当は2年プランで契約するのがいいと思うのですが、新しく発売されるルーターは「3年契約プランのみ」というプロバイダが多くなってきました。今後のワイマックスの主流は3年契約プランになっていくでしょう。

Step3 どうせなら最新ルーターを選ぼう!

モバイル通信の進化は速いので、例え最新のルーターを手に入れたとしても、あっという間に次の機種が登場してしまうのが現状かもしれません。だからこそ、その時点での最新機種を選ぶことがポイントなんです。ワイマックスのルーターは、2年、3年の契約更新ごとに、その時点の最新機種に乗り換えていくのが王道です。

モバイルルーターを選ぶなら

スピード重視で選ぶならワイマックス最新機種のコレ!

W05 2018年1月19日発売
Wシリーズの最新モデル


受信最大708Mbpsの高速通信対応モバイルルーター!
製造元:ファーウェイ ジャパン

バッテリー性能で選ぶならコレ!

WX04 2017年11月1日発売
WXシリーズの最新モデル


最大の特徴は「バッテリ容量!」電池の持ちが違います!
製造元:NECプラットフォームズ

ホームルーターを選ぶなら

ホームルーターはこの1択!

HOME L01 2017年2月17日発売
ホームルーター

最新モデルはHOME L01s
(マイナーチェンジして 2018年1月19日発売)


有線LAN 2ポートと無線LAN最大40台の同時接続が可能
製造元:ファーウェイ ジャパン

《今、選ぶなら》このプロバイダです!!

月額料金割引 キャンペーンならココ!

Broad WiMAX 安心のサービスがたくさん!
基本事項 ・3年プラン
・初期登録料3000円 ・初月日割
(初月のみ安心サポート550円)
3年プラン料金 [ギガ放題] 2726円(月額)x2 + 3411円(月額)x22 + 4041円(月額)x12
[7GBプラン] 2726円(月額)x24 + 3326円(月額)x12
3年プランで申込むとLTEオプション料金が無料になる!
利用状況に応じて毎月プラン変更可能
提供端末 最新のデータ端末が無料!
W05(3年プランのみ)
WX04(3年プランのみ)
HOME L01s(3年プランのみ)
クレードル ・W05のクレードルは3500円 ・WX04のクレードルは3686円
特長 8日以内ならキャンセルが可能! 更に光回線などに違約金無しで乗換えが契約後いつでも出来る! Broad WiMAXなら万が一通信速度などで満足出来ない場合でも安心!
平日15時までの受付分は当日発送! 店舗受け取りなら当日から利用も可能!

キャッシュバックキャンペーンならココ!

とくとくBB WiMAX いちばんお得がイイ方はこれ!
基本事項 ・2年プラン ・3年プラン
・初期登録料3000円 ・初月日割
2年プラン料金 [ギガ放題] 3609円(月額)x2 + 4263円(月額)x22
[7GBプラン] 3609円(月額)x24
利用状況に応じて毎月プラン変更可能
3年プラン料金 [ギガ放題] 3609円(月額)x2 + 4263円(月額)x34
[7GBプラン] 3609円(月額)x36
3年プランで申込むとLTEオプション料金が無料になる!
利用状況に応じて毎月プラン変更可能
提供端末 最新のデータ端末が無料!
W05(2年プラン、3年プラン)
WX04(3年プランのみ)
W04(2年プラン、3年プラン)
WX03(2年プランのみ)
HOME L01s(2年プラン、3年プラン)
クレードル (クレードルセットの場合はキャッシュバックの減額になる)
特長 キャッシュバック35200円~28900円
キャッシュバック最大で、トータルでいちばんおトクを目指したい人はコレ!
即日発送! 平日16時まで、土日祝14時までに受付完了すると当日中に発送!
このキャンペーンは2018年2月28日まで

大手プロバイダが安心という人はココ!

本家本元なら UQ WiMAX
基本事項 ・2年プラン ・3年プラン
・初期登録料3000円 ・初月日割
2年プラン料金 [ギガ放題] 3696円(月額)x2 + 4380円(月額)x22
利用状況に応じて毎月プラン変更可能(7GBプランは月額3696円)
3年プラン料金 [ギガ放題] 3696円(月額)x2 + 4380円(月額)x34
3年プランで申込むとLTEオプション料金が無料になる!
利用状況に応じて毎月プラン変更可能(7GBプランは月額3696円)
提供端末 データ端末は 1円~2800円
W05(2年プラン、3年プラン)
WX04(2年プラン、3年プラン)
W04(2年プラン、3年プラン)
WX03(2年プラン、3年プラン)
・WX01(クレードルセットで1円)
HOME L01s(ホームルーター)
・novas Home+CA(ホームルーター)
クレードル クレードルセット・W05は+2400円・WX04は+2700円・W04は+2300円・WX03は+2600円
特長 商品券10000円プレゼント
価格では無い!信頼感が一番という方へ
ワイマックスの本家なので安心感はNo1です。
このキャンペーンは2018年4月2日まで

ここ数年のWiMAXルーターをご紹介

旧モデルがキャンペーンなどでお得に手に入る場合もあります。性能面では大きく劣るワケではありませんので、タイミングが合えば旧モデルをお得に入手するのもいいかもしれません。

WXシリーズ(製造:NECグループ)

機種 標準モード LTEモード
wx04
2017年11月1日

下り最大440Mbps
4×4MIMOとCAの融合
wx03
2016年12月2日

下り最大440Mbps
4×4MIMOとCAの融合
wx02
2015年11月20日

下り最大220Mbps
4x4MIMO
wx01
2015年3月5日

下り最大220Mbps
4x4MIMO

Wシリーズ(製造:ファーウェイ社)

機種 標準モード LTEモード
w05
2018年1月19日


下り最大558Mbps
LTEモードの時最大708Mbps
4×4MIMOとCAの融合
w04
2017年2月17日


下り最大440Mbps
4×4MIMOとCAの融合
w03
2016年7月1日

下り最大220Mbps
キャリアアグリゲーション対応
w02
2016年2月19日

下り最大220Mbps
キャリアアグリゲーション対応

ホームルーター

機種 標準モード LTEモード
HOME L01s(2018年1月19日)
HOME L01(2017年2月17日)

製造:ファーウェイ社

下り最大440Mbps
4×4MIMOとCAの融合
novas Home+CA
2016年10月7日

製造:シンセイコーポレーション

下り最大220Mbps

その端末!購入先を一覧で比較

W05の2年プランは「とくとくBB」一択です!


ワイマックスの最新ルーターW05は、ほとんどのプロバイダでは3年プランしかありません。しかし、2年プランを選ぶことも出来て、しかもお得なキャンペーンにも対応している。W05の2年プランなら迷わずとくとくBB!一択です!