UQ WiMAX – やっぱり本家本元が安心!

情報更新日:2019年10月1日

本家 UQ WiMAX から申し込む理由はどこにあるのか?

本家 UQ WiMAXは、正直キャンペーンなどの内容では他のプロバイダ(MVNO)と比べると見劣りしてしまいます。
であるにもかかわらず当サイトからUQ WiMAXを申し込む人が非常に多い。

ワイマックスの契約の際に、その契約の基準は大きく2つに集約されるようです。

  • 1つは、キャンペーンの内容も含めていちばんお得なプロバイダを求める人。
  • 2つ目は、お得感より安心感を優先される人。

言うまでも無く UQ WiMAXは後者の安心感を求められる人から大きな支持を得ています。今、ワイマックスの申込み先を検討中という人で、
「はじめてなのでちょっと不安」という人や、「やっぱり本家のUQがいいんだよね?」って思っている人に、「はい、やっぱりUQ WiMAXがいいよ!」ってことをお伝えしていこうと思います。

本家 UQ WiMAX と他のプロバイダ(MVNO)の違はなんだろう?

当サイトでも言っちゃってるんだけど、下記の文言なのですが・・

WiMAXのサービスは、UQコミュニケーションズの通信インフラを利用して提供されるサービスです。どこの事業者と契約しても通信インフラは同じなんです。つまり通信品質に差はありません。

これって、厳しく言うと正しくないかもしれません。

UQコミュニケーションズの通信インフラというのは下記の図の青色のライン、あたなとプロバイダを繋ぐ回線のことをいっています。
でもインターネットに繋がるためにはプロバイダからインターネットへの接続という部分も関係してくるのです。下記の図の太い赤色のラインの部分です。

あなたとプロバイダを繋ぐ回線はもちろんいちばん重要で、この回線の違いが通信速度に与える影響はとても大きい訳です。一般的にはこの部分の回線が「光だから速い」とか「WiMAXは速い」とか「ADSLはいまいち」とか言っているのです。
ワイマックスを契約する際にどこのプロバイダで契約してもこの部分は一緒、同じ回線なので品質に差が無いということになります。

さて、じゃあ問題のプロバイダからインターネットへ接続するバックボーンはどうなのか? っていう疑問は残りますよね。

しかし、残念ながらインターネットバックボーンを公開しているプロバイダは殆どありません。なので正確なことはわからないのです。
さらに言うとバックボーンの容量が大きくてもそれを利用する人数が多ければやっぱり速度は低下してしまいます。有名で大きそうなプロバイダはそれなりに大きな容量のバックボーンを備えているでしょうが、会員数も多く抱えています。なので有名なプロバイダは速い、無名のプロバイダは遅いとは一概に言えないのです。

2016年7月「WiMAXの累計契約数が2000万件を突破」と発表されました。今まではバックボーンのことはあえて言わなくても品質に差が生じるほどではないので同品質であると言えていましたが、これだけ急ピッチに利用者が増える中で、プロバイダはバックボーンの準備も重要になってきたと言えます。

バックボーンの公開がない中で正確なことは言えませんが、常識的に考えられることとして、回線提供者であるUQコミュニケーションズが自身のサービスWiMAXの接続サービスが不十分とは考えずらい。当然のこととして「本家本元の UQ WiMAX のバックボーン」は十分準備されたものであると言えるんじゃないかと思っています。
これから先もずっと安心のプロバイダをひとつ上げるとしたら、やっぱり本家の UQ WiMAXってことになります。

2019年10月から「新ギガ放題 2年プラン」登場!

2019年9月25日、UQ WiMAX 公式サイトのニュースリリースで発表があった。
どうやら10月1日よりWiMAXギガ放題が2年契約で月額3880円になるようだ。

おもな変更点は、
契約期間が、3年 → 2年
月額料金が、4380円 → 3880円
LTEオプション料が、無料 → 1005円
契約解除料が、9500円~ → 1000円

もしかしたら、従来の7GBプランは無くなってしまうのかもしれません。
いずれにしても今回のリリースだけでは疑問点も多々あるので、新情報が入り次第随時更新していきます。

10月1日現在でわかったこと

従来までの料金プラン
・UQ Flat ツープラス ギガ放題
・UQ Flat ツープラス(7GBプラン)
これらの料金プランは9月30日で終了しました。

で、今後は「新ギガ放題 2年プラン」ほぼ1択です。

ですが、2年プランには、
「2年自動更新あり」と「2年自動更新なし」の選択ができます。

・「2年自動更新あり」の場合は、自動更新後の月額料金は3880円のままで継続されます。
契約期間の最終月を「満了月」、満了月の当月、翌月、翌々月の3ヶ月間を「更新期間」とし、更新期間以外に解約をした場合は1000円の契約解除料がかかります。

・「2年自動更新なし」の場合は、自動更新されません。満了月以降の月額料金は4050円になります。
満了月より前に解約をした場合は1000円の契約解除料がかかりますが、満了月以降はいつ解約しても契約解除料はかかりません。

・ギガ放題「期間条件なし」も選択できる。この場合の月額料金は4050円です。
契約期間に縛りが無いのでいつ解約しても解除料金はかかりません

UQ WiMAX のキャンペーン

① 新 ギガ放題
月間の通信量に制限が無いのでたっぷり安心して使えるプランです。

2年プランは
・月額料金は3880円
「2年自動更新あり」「2年自動更新なし」を選択できます。

期間条件なしは
・月額料金は4050円
契約期間に縛りがありません。

*「新ギガ放題」には、混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)はあります。

② LTEオプションは有料です。
従来は3年プランで申込むとLTEオプション料金がかかりませんでしたが、今回の「新ギガ放題」は2年プランなのでLTEオプションは有料になります。
LTEオプションは利用した月だけ、1005円かかります。

③ 提供端末

キャッシュバックキャンペーン対象の端末は
・WX05(本体のみ 15000円 クレードル3686円)
・HOME 01(ホームルーター 15000円)

今回の新料金では、月額料金や契約解除料金は安くなりましたが、端末本体はしっかり定価に近い料金で買っていただくようになったみたいですね。

④ キャッシュバックは3000円!

クレジットカードでも口座振替でもキャッシュバック3000円!
UQ本家のワイマックスは口座振替の支払い方法も選択できます。今回のキャッシュバックキャンペーンはクレジットカードでも口座振替でもキャッシュバックの対象になります。

・契約月の翌月に申込み時に登録したEメールアドレスに連絡がきます。
・Eメールに記載されたURLのページから指定の口座情報を入力すると、原則翌営業日に口座に振込まれます。キャッシュバックを受け取れるまでが早いのがいいですね。

⑤ お支払方法
クレジットカード以外にも口座自動引落も選択できます。

このWeb広告限定キャンペーンの対象期間は:2019年10月1日~(終了日未定)

「 UQ WiMAX 」Web広告限定特典ページはこちら

本家本元なら UQ WiMAX
基本事項 3年プラン2年プラン
・初期登録料3000円 ・初月日割
2年プラン料金 [ギガ放題] 3880円(月額)x24
提供端末 端末は 15000円
WX05(キャッシュバック3000円)
HOME 01(キャッシュバック3000円)
(W06、HOME L02 が欲しい場合はこちらの【公式】UQオンラインショップで買えますがキャッシュバックはありませんのでご了承ください)
クレードル ・WX05のクレードルは3686円
特長 2019年10月からの「新ギガ放題 2年プラン」
価格では無い!信頼感が一番という方へ
ワイマックスの本家なので安心感はNo1です。
このキャンペーンは ~(終了日未定)

その端末!購入先を一覧で比較

シンプルに月額料金を割引した本当のイチ押しプラン!


3年間ずーっと月額料金が安くなる とくとくBB 月額料金割引キャンペーン
とくとくBBを詳しく解説“とくとくBB WiMAX を選ぶならココをおさえておこう!”