WiMAXホームルーターが分かる【簡単!家のWiFiガイド】

情報更新日:

1.WiMAXホームルーターでインターネット生活が充実します

簡単に家中Wi-Fiにする!

家で思いっきり動画を見る!

家にWiFiがあると家の中のネット生活が充実します。
WiMAXホームルーターならWiFiが簡単。その魅力、使い方、比較の仕方から選び方まで、わかりやすく、詳しく解説します。

WiMAXホームルーターって何をするもの?

WiMAXホームルーターを使えば、多分いちばん簡単に家中WiFiを使えるようにすることが出来ます。
なぜ簡単かと言うと、WiMAXホームルーターはコンセントに接続するだけでインターネットが使えるようになるからです。

家の中でWiFiが使えるようになると、リビングはもちろん寝室、書斎、子供部屋やキッチンでも、家中どこでも家族みんなでスマホやタブレット、PCやゲーム機など、インターネット生活が充実します。

2.WiFi・通信回線・ルーターなど初歩的なこと

家の中にWiFiを設置するというけれど、そもそもWiFiとかルーターとかって何なの?
そんなよく聞く言葉の意味や初歩的なことなどにも触れていきます。

WiFiとは

皆さんは、WiFiの電波が直接インターネットに繋がると思っていませんか?

WiFiとは、無線LANのことで、スマホやパソコンなどとルーターを無線電波で繋ぐ技術のことです。

スマホやパソコンがWiFiでネットに繋がるということは、WiFiの電波でルーターへ接続し、ルーターからその先のインターネットへの接続には光回線や携帯電話回線などの通信回線で接続されます。

WiFiは、直接インターネットに繋がっているのでは無く、WiFiルーターとスマホなどを繋ぐための狭い範囲の電波のことをWiFiと言っているのです。

WiFiルーターが発信した電波は、あなたがルーターの所有者ならば基本的にはいくら使っても誰かに料金を支払う必要はありません。
そしてルーターから先のインターネットへ繋がる通信回線は、ケーブルで繋がる固定回線であっても、無線電波で繋がるモバイル回線であっても、こちらはご存じの通り通信回線料金がかかります。

街の中には無料で開放しているWiFiスポットがあります。その場合も、あなたのスマホはWiFi電波をキャッチしてその施設が管理するWiFiルーターに繋がり、その施設が契約する光回線などの通信回線を通じてインターネットに繋がっている訳です。

少しくどくなりましたが、WiFiだけでネットに繋がっている訳では無く、WiFiの先には必ず通信回線があるということをおぼえておいてください。

通信回線の種類

通信回線は大きく分けると、固定回線とモバイル回線に分けられます。

固定回線

固定回線とは物理的なケーブルで繋がった回線のことです。
光回線、ADSL、ケーブルTV回線などがありますが、今はほとんどが光ファイバーを利用した光回線です。

光回線のメリット

メリットは、通信が安定していて速度が速いという特徴があります。そして光回線には基本的に速度制限はありません。通信容量を気にせずに使うことができます。

光回線のデメリット

一方デメリットは、光回線を設置するのに回線工事が必要であったり、申し込みからインターネットが使えるまでに3~4週間も時間がかかることがあるという点です。

モバイル回線

モバイル回線とは無線電波を使った通信回線のことです。
携帯電話回線の、4G、5G、LTE、WiMAXなどがあります。スマホの通信回線として利用されることが多いのですが、最近では高速で大容量の通信に対応したサービスも増えてきました。その代表格がWiMAXです。

WiMAXのメリット

メリットは、申し込みからネット開通までが早くて簡単。通常2~3日でネットが使えるようになります。設定も自分で出来て簡単です。WiMAXは光回線と遜色のないほどの高速で大容量の通信が可能です。WiMAXのエリア内であれば場所が移動しても使えますので、引越しなどが多い人でもそのまま使い続けることが出来て便利です。

WiMAXのデメリット

一方デメリットは、無線電波の特性上使う場所や環境によって若干不安定な場合があります。しかし家のWiFiとして使う場合は、移動して使う訳ではないのでそんなに不安定になることもありません。

WiFi関連の機器や用語

ルーター

パソコンやスマホなどの複数の機器をインターネットに接続するための装置。

Wi-Fi

無線でLANに接続する技術のこと。一般的にはその電波のことをWiFiという。

LAN:Local Area Network 狭い範囲でのコンピュータネットワークことで、家の中でも2台以上の機器を繋ぐことを、LANに繋ぐとか、LANで繋ぐという。

WiFiルーター

無線でLAN接続する機能の付いたルーターのこと。
一般的には固定回線で使うWiFiルーターのことをいう場合が多い。

モデム

異なる2つの信号を相互に変換する装置のことを総称してモデムという。

本来はADSL回線などのアナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機械のことをモデムといったが、現在では光回線の光信号とデジタル信号を相互に変換する光回線終端装置(ONU)のことも光回線モデムとか、単にモデムと呼ぶこともある。

光信号で通信する光回線はパソコンなどの機器と通信するためにはデジタル信号に変換しなくてはいけません。ですので、光回線とルーターの間には必ずモデムが必要になります。

モバイルWiFiルーター

LTEやWiMAXといったモバイル回線を使ったWiFiルーターをモバイルWiFiルーターといいます。

モバイル回線はデジタル信号を電波に乗せて送受信しますので、モデムのような変換装置は必要ありません。
モバイルWiFiルーターは、インターネットへ繋ぐモバイル回線の電波を送受信する機能と、スマホやパソコンなどと通信するWiFi電波を送受信する機能を有した端末機器ということになります。
モバイルWiFiルーター1台あると、複数のWiFi接続機器をインターネットに繋ぐことができます。

ポケットWiFi
モバイルルーター

モバイルWiFiルーターの中で、バッテリーを内蔵し小型で持ち運びできるタイプのものを、ポケットWiFiとか、モバイルルーターなどといいます。

ホームルーター

モバイルWiFiルーターの中で、コンセントに接続し出力を上げ感度を良くしたもので、家の中専用のタイプのものを、ホームルーターといいます。

ホームルーターとモバイルルーターの違いについてはこちらで詳しく解説しています。“ホームルーターとモバイルルーターの決定的違い!”

デバイス(Device)

一般的にはパソコンやスマートフォンなどを含む、単体で特定の機能を持つ電子機器のことをいいます。例えば、WiFiでデバイスと繋ぐと言った場合のデバイスは、パソコンやスマホ又はゲーム機などのWiFi接続できる端末機器全般のことを指します。

3.WiMAXホームルーターがいちばん簡単で最適な方法です

光回線か WiMAXホームルーターか

家にWiFiを設置する場合の選択は2択です。

光回線を引いてWiFiを設置する
WiMAXホームルーターを設置する

光回線にすべき人とは、
・高画質の動画を長時間見る人!
・ネットにシビアな応答速度を求める人!

それ以外の人はWiMAXホームルーターの方が圧倒的にメリットが大きいと思います。
・申込みから開通までが早い!
・工事不要で自分で簡単な設定で開通!
・普通に使うなら十分な速度と安定感!
・何と言ってもリーズナブル!

WiMAXホームルーターと光回線の違いについてはこちらで詳しく解説しています。“WiMAXホームルーターと光回線、どちらを選ぶべきか!”

4.WiMAXホームルーター HOME 5G L12 と HOME 5G L11

WiMAXホームルーターの特徴

WiMAXは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供する高速モバイル通信サービスで、携帯電話回線の4G LTEと同じ規格の無線電波を使ったインターネットサービスです。音声通話は無く、高速大容量のデータ通信に特化したサービスが特徴です。

WiMAXも当初は、家でも外でもどこでも使えるインターネットとしてモバイルルーターが中心のサービスでしたが、近年は光回線とも遜色のない高速通信として、家でも使えるインターネット回線として注目されるようになりました。

そこで、家のインターネットに特化したWiMAXとして登場したのがホームルーターです。

2021年11月現在、WiMAXホームルーターなら以下の2機種が主流です。
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L11

日本製 NECプラットフォームズのホームルーター HOME 5G L12

おすすめは日本製の5G対応ホームルーター Speed Wi-Fi HOME 5G L12

2021年11月5日発売 (最新ホームルーター)
Speed Wi-Fi HOME 5G L12

・5G対応! au5G、au4G LTE、WiMAX2+、3つのネットワークで繋がりやすさが違う!
・工事不要!コンセントに挿すだけで使える!
・同時接続42台!多接続の環境に強い4ストリーム対応!
・下り最大速度 2.7Gbps

製造元:NECプラットフォームズ

HOME 5G L12 と HOME 5G L11 のスペック表

スペック、詳細は以下の通りです。

5G対応ホームルーター スペック比較
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 Speed Wi-Fi HOME 5G L12
製造元 ZTE NECプラットフォームズ
発売日 2021年6月4日 2021年11月5日
対応ネットワーク WiMAX2+
au 5G
au 4G LTE
WiMAX2+
au 5G
au 4G LTE
最大通信速度 下り最大2.7Gbps 下り最大2.7Gbps
上り最大速度 上り最大183Mbps 上り最大183Mbps
Wi-Fi規格 Wi-Fi 6対応
11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi 6対応
11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
サイズ 幅 70mm
高 182mm
厚 124mm
幅 101mm
高 179mm
厚 99mm
重さ 約599g 約446g
最大同時接続数 有線LAN:2台
無線LAN:30台
有線LAN:2台
無線LAN:40台
日本製の安心感で選ぶなら、NECプラットフォームズ社の Speed Wi-Fi HOME 5G L12
ホームルーターならやっぱり日本製の安心感で HOME 5G L12 です。性能面は L11、L12 どちらも大差はありません。
SIMカードとUIMカードの違い

WiMAXのルーターにもSIMカードが入っています。スペック表記の際にUIMカードとかICカードと書かれている場合もあります。
UIMカードはSIMカードが拡張されたもので現在は殆どがUIMカードです。しかしUIMカードはSIMカードと呼ばれることが多く、呼び方が混在しています、同じものと判断して問題ありません。

SIMカードのサイズ

SIMカードのサイズは、「標準SIM」「micro(マイクロ)SIM」「 nano(ナノ)SIM」の3種類があります。近年販売されている通信機器のSIMカードのサイズは、ほとんどがnanoSIMです。

無線LAN規格 WiFiの設定

IEEE802.11(アイトリプルイー ハチマルニ テン イチイチ)とは無線LANの通信規格です。11の後のアルファベットの文字の違いによって利用する電波の周波数帯の違いや通信速度の違いを表しています。

重要なのはWiFi設定をする際に、5GHz帯を使うか、2.4GHz帯を使うかです。それぞれには次のような特徴があります。
5GHz:速度が速く、電波干渉が少ないので動画視聴に向いている。しかし通信範囲が狭く障害物に弱いので遠くに届きづらい。
2.4GHz:通信範囲が広く障害物に強いので遠くに届きやすい。速度はやや遅く、電波干渉する機器が多い。

普段は5GHz帯を優先して使うようにして、奥まった部屋などで通信が不安定な場合に2.4GHz帯を使うのが良いでしょう。

最近の記事 おすすめ記事
  1. WiMAXの申し込みが安心になる初期契約解除とTry WiMAXの解説

  2. WiMAX料金プラン【1年・2年・3年】比較した結果は?

  3. 月間何ギガ使うのか? ある大学生の実際はこうだった!

  4. 2年後、3年後の契約更新月【解約or更新】これ重要です!

  5. なぜWiMAXにすべきなのか? あなたがWiMAXにする理由!

  6. WiMAXホームルーターが分かる【簡単!家のWiFiガイド】

  7. 家の中のWiFi【ホームルーター】で解決!

  8. WiMAXホームルーターと光回線、どちらを選ぶべきか!

  9. WiMAXの申し込み時に安心サポートなどのオプションは必要か?

  10. WiMAXを比較するときに知っておくべきポイント

  1. なぜWiMAXにすべきなのか? あなたがWiMAXにする理由!

  2. WiMAXホームルーターが分かる【簡単!家のWiFiガイド】

  3. WiMAXを比較するときに知っておくべきポイント

  4. 2年後、3年後の契約更新月【解約or更新】これ重要です!

  5. WiMAXの申し込み時に安心サポートなどのオプションは必要か?

  6. WiMAXホームルーターと光回線、どちらを選ぶべきか!

  7. 家の中のWiFi【ホームルーター】で解決!

  8. WiMAX料金プラン【1年・2年・3年】比較した結果は?

  9. 月間何ギガ使うのか? ある大学生の実際はこうだった!

  10. WiMAXの申し込みが安心になる初期契約解除とTry WiMAXの解説

GMOとくとくBB WiMAX+5G

TOP