WiMAXの申し込みが安心になる初期契約解除とTry WiMAXの解説

情報更新日:

「契約して万が一、繋がりが悪かったり、速度が遅かったりで、期待と違っていたらどうしよう・・。」

そんな不安からWiMAXの申し込みに踏み切れない人には、初期契約解除について解説しよう。

初期契約解除

初期契約解除とは

携帯電話やモバイルルーターなどの通信サービスにおける「クーリング・オフ」のような制度です。契約に関する書面を受け取ってから8日以内であれば、契約した会社の合意がなくても、通信サービスの契約を解除できるというものです。

WiMAXの初期契約解除

WiMAXであれば、端末着荷から8日以内に、受け取った端末セット一式を返品すれば契約の解除ができるのです。この制度は電気通信事業法で定められたものなので、どこのプロバイダで契約したとしても適応されるものです。

初期契約解除は完全無料という訳ではありません。
以下のような最低限の自己負担を負うことで、高額な契約解除料を支払うこと無く解約できます。
契約時の事務手数料3000円は請求されます。
返品にかかる送料は自己負担です。
8日以内に届くように返品する。

使ってみてダメなら即返品ができるので安心して申し込みが出来る

繋がり具合や速度が実際どうなのか、チョットだけでも試すことが出来たらいいんだけど・・と考えていてもらちがあきません。
ここは思い切ってWiMAXを申し込んでみて、実物を手にして確かめてみてはいかがでしょうか。

はじめから、初期契約解除を使うことを念頭にWiMAXを申し込んでみるのです。

もし初期契約解除をすることになった場合には数千円の出費になってしまいます。
ですが、実際に繋がりが悪くて初期契約解除をする人は全体の数%、1割にも満たない確率です。おそらくあなたも初期契約解除をすること無しに、WiMAXに満足していただいていることと思います。

それでは万が一のために初期契約解除の手順をみていきましょう。

GMOとくとくBBの初期契約解除の手順

他のプロバイダもほぼ同じ手続きになると思いますが、ここでは当サイトでイチ押しのGMOとくとくBBの初期契約解除の手順を解説していきます。

ポイントは、
万が一、初期契約解除をする場合は、8日目までに必着で返品しなくてはいけない点です。
返送には1~2日の日数がかかるので、実際には6日目頃に返品発送しなくてはいけません。
ですので、WiMAXルーターを受け取ってから実質5~6日間が勝負です。
この期間に自宅や職場、学校などあなたが使いたい場所の電波状況を徹底的に確認してみてください。

WiMAXを受け取る日を計算して注文
受け取ったら5~6日間が勝負。徹底的に使ってみる
使えないと判断したら即返品
受け取った端末セット一式と初期契約解除書面を同梱して返品

初期契約解除書面

用紙の種類や形式は問わないので、下記内容を記載した書面を端末に同梱の上返品します。(手書きでもOK!)

初期契約解除書面
1.お申込日 20●●年●月●日
2.販売店名 GMOインターネット株式会社
3.販売店住所 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
4.販売店電話番号 0570-045-109
5.サービス名 WiMAX 2+ ギガ放題接続サービス
6.通信料金 4,263円
7.契約解除を希望する旨 上記サービスの契約解除を希望します。
8.契約解除を希望する理由
9.GMOとくとくBB 会員ID
10.ご契約者名(フリガナ)
11.ご契約住所
12.ご契約お電話番号

2番~7番までは上記の通りそのまま書いてください。
(7GBプランの場合は、5番:WiMAX 2+ 接続サービス、6番:3,609円)

8番の解除の理由は、「通信状態が不安定なため契約解除を希望します」などでようでしょう。

送付先住所

〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
GMOとくとくBB 初期契約解除窓口 行

(初期契約解除書面で書いた住所と違うので間違えないようにしてください。)

初期契約解除はとても簡単
受け取った端末セット一式に初期契約解除書面を同梱して8日以内必着で返品
連絡も不要

GMOとくとくBBの「20以内キャンセル」とは

GMOとくとくBBには「20日以内ならキャンセルOK」というサービスがあります。
初期契約解除と何が違うのでしょうか?

どちらも初期段階でキャンセルを可能にするサービスですが、端的に表現すると、

初期契約解除は本命
20日以内キャンセルは滑り止め

キャンセルするにあたって、負担金額も少なく、手続きも簡単なのは、圧倒的に初期契約解除です。
20日以内キャンセルは、事情があって8日以内にキャンセル出来なかったときの救済措置くらいに考えてください。

20日以内キャンセルOKの適応条件

・ピンポイントエリア判定が「◯」の場合、「○~△」「△」「×」のときはダメ
・事前に20日以内キャンセルの旨を電話で連絡する
・お申込み日を1日目として、20日以内に必着で返品

20日以内キャンセルOKの負担金額

・契約時の事務手数料3000円
・返品にかかる送料は自己負担
・月額利用料は端末発送日から当月末日までの日割料金とその翌月1カ月がかかる

20日以内キャンセルは、適応条件も有り、負担金額も大きくなります。

両者の比較表
初期契約解除 20日以内キャンセル
返品期限 端末着荷日を1日目として、8日以内に必着で返品 申込日を1日目として、20日以内に必着で返品
キャンセルの適応条件 特に無い ピンポイントエリア判定が「◯」の場合でWiMAX初めての人
キャンセルの連絡 不要 事前に電話で連絡
負担金額 事務手数料3000円
返品にかかる送料
事務手数料3000円
返品にかかる送料
初月日割+翌月1カ月分の月額通信料金
WiMAXが使えるかどうかを判断する場合は、最初の5~6日が勝負!
キャンセルする場合は「初期契約解除」を利用しましょう。

Try WiMAX

Try WiMAX とは

UQ WiMAXの公式サイトで行っている、お試しサービスとして15日間無料でWiMAXルーターを貸し出してくれるサービスです。
返品にかかる送料も含めて無料で利用できます。

Try WiMAX を利用するには、本人名義のクレジットカードが必要です。もし返却しなかったり、破損、紛失した場合は実費相当分をクレジットカードで支払います。ちゃんと返却すればクレジットカードに請求されることはありません。

Try WiMAX 注意点

・15日間とは、WiMAXルーターを出荷した日を1日目として、15日目までに必着で返送しなくてはいけません。実際に利用できる期間は10日間くらいと考えてください。
・最新機種は貸し出し中の場合が多くてなかなか借りることができません。ひとつ前の機種で妥協出来ない場合は難しい。

Try WiMAXはとても良いサービスです。大いに利用していいと思います。ただし正式にWiMAXを契約する場合はプロバイダから申し込むことをおすすめします。
公式サイトのUQ WiMAXは料金がとても高いので、遠慮しないでプロバイダで契約してください。

【まとめ】WiMAXの申し込みが安心

WiMAXを使ってみたい気持ちが強い人は、初期契約解除を念頭にWiMAXを申し込んでしまうことをおすすめします。WiMAXのエリア内であれば、よほど条件が悪くない限り、一発で満足できると思います。
急いで無くて、手続きしたり返送したりが面倒でなければ、Try WiMAXを試してみるはいいですよ。シッカリ確認して、納得してWiMAXに申し込んでください。
その端末!購入先を一覧で比較

シンプルに月額料金を割引した本当のイチ押しプラン!


シンプルに月額料金が安くなる とくとくBB 月額料金割引キャンペーン
緊急ボーナス『5000円キャッシュバック』特典を急遽追加!今がチャンス!
とくとくBBを詳しく解説“とくとくBB WiMAX を選ぶならココをおさえておこう!”