札幌市インターネット回線おすすめ

札幌市でおすすめの「光回線」「モバイル回線」を解説!

インターネット回線って、いろいろな種類があってよくわからない。どれを選んでいいのか、ホント、メンドウ・・

確かに、いろんな種類のインターネット回線がありますが、今やネット回線と言えば「光回線」か「モバイル回線」。

インターネット回線選びは、光回線がいいのか、モバイル回線がいいのか、まず自分に合ったネット回線はどちらなのかを検討します。
あとは自分の住んでるエリアで利用できるサービスを選択するだけということになりますから、そんなに難しいものではないのです。

とは言え、たくさんあるインターネット回線をひとつひとつ調べて比較検討するのは、やっぱりけっこうメンドウです。

失敗はしたくないけど、そんなに時間をかけて調べてもいられない。そんなあなたに代わって、全国のインターネット回線を調べつくしてきた経験で、札幌市にお住いの方におすすめのインターネット回線を2つ、まず最初にご紹介します。

モバイル回線の WiMAX
光回線なら GMO光アクセス

イチ押しは WiMAX

開通までが早い!申込みが簡単!
申込みから2~3日でインターネットが使えるようになる。サクッとインターネットを始めたいならWiMAXがおすすめです。

【WiMAX+5G】GMOとくとくBBのWiMAX

光回線なら GMO光アクセス

シンプルに安い光回線!
WiFiルーター0円!基本工事費実質0円!解約違約金0円!しかも料金がダントツ安い!複雑な料金プランを一切排除したシンプルな料金システムが魅力のGMO光アクセスはおすすめです。

【シンプルに安い速い】GMO光アクセス

札幌市にお住いの方におすすめのインターネット回線が、なぜ「WiMAX」と「GMO光アクセス」なのかをこれから詳しく解説していきます。

それでは、まずモバイル回線光回線の違いや特徴を簡単に解説していきます。

インターネットが利用できるまでの早さ、手軽さを重視するなら「モバイル回線

モバイル回線

モバイル回線とは無線電波を使った通信回線のことです。
携帯電話回線の、4G、5G、LTE、WiMAXなどがあります。スマホの通信回線として利用されることが多いのですが、最近では高速で大容量の通信に対応したサービスも増えてきました。その代表格がWiMAXです。

WiMAXのメリット

メリットは、申し込みからネット開通までが早くて簡単。通常2~3日でネットが使えるようになります。設定も自分で出来て簡単です。WiMAXは光回線と遜色のないほどの高速で大容量の通信が可能です。WiMAXのエリア内であれば場所が移動しても使えますので、引越しなどが多い人でもそのまま使い続けることが出来て便利です。

WiMAXのデメリット

デメリットは、無線電波の特性上使う場所や環境によって若干不安定な場合があります。しかし家のWiFiとして使う場合は、移動して使う訳ではないのでそんなに不安定になることもありません。

WiMAXをイチ押しする理由

すぐにネット回線が必要な人にはWiMAX一択

WiMAXは回線工事の必要がありません。ルーターが届いたら簡単な設定をしてすぐにインターネットが使えます。
そもそも光回線を選択した場合、回線工事までに最低でも3~4週間かかってしまいます。そんなに待てない人も多いはず。そうなると選択肢はWiMAXしかありません。

そこで心配になります「WiMAXで大丈夫?」と不安がよぎることでしょう。

月間通信容量の制限なしなのでたっぷり使えて安心です

モバイル回線では、普通は月間通信容量20GBとか30GB、などのように月間通信容量を超えると通信速度制限がかかり遅くなってしまいます。
しかしWiMAXは月間通信容量の制限がありません。たくさん使っても安心です。

ただし、混雑回避のための速度制限(3日間で15GB利用時)はあります。この制限が適応されたとしても通信速度を概ね1Mbpsに制限される程度なので、YouTubeの標準画質レベルも視聴可能ですし、普通にネットを使う分には問題ないレベルの速度と言えると思います。加えて、速度制限が適応される時間帯が18時頃~26時頃なので、それ以外の時間帯なら通信速度の制限がなく通常の速度で使用できます。

消費されるギガ数の目安としては、
・オンライン会議 1時間で0.5GB
・動画視聴 3時間で1GB
・オンラインゲーム 3時間で0.4GB

複数のデバイスで一度に長時間使ったりすると3日で15GBの制限を受けることがあるかもしれません。しかし普通に使う分には3日で15GBはなかなか使わないでしょう。

マンションやアパートで光回線の工事が難しい人にもWiMAXはおすすめです

賃貸物件に住んでいる場合、最初からインターネット回線が付いていればいいのですが、自分で付けなくちゃいけない場合は大家さんの許可をもらわなくては回線工事はできません。でもWiMAXなら回線工事は不要です。賃貸物件でも何の問題も無くインターネット環境が整います。

家の中だけで使う人にはホームルーターがおすすめです。一人暮らしならモバイルルーターで家も外もOKです。

WiMAXの申込みなら「GMOとくとくBB」が圧倒的!

WiMAX+5G なら とくとくBBで決まり!
基本事項 ・3年プラン
・初期登録料3300円 ・初月日割
キャッシュバック 13000円
(最大20000円 他社から乗換えの場合)
料金プラン
【税込価格】
[ギガ放題プラス]の月額料金
[サービス開始月] 2079円 の日割
[1~2カ月目] 2079円
[3~36カ月目] 4389円
[37カ月目以降] 4444円
提供端末 5G対応のデータ端末が無料!
5G X11
HOME 5G L12
特長 プラスエリアモード利用料が無料!
即日発送!平日15時半、土日祝14時までに受付完了すると当日中に発送!

通信速度や安定性を重視するなら「光回線

光回線は有線の固定回線

固定回線とは物理的なケーブルで繋がった回線のことです。
光回線、ADSL、ケーブルTV回線などがありますが、今はほとんどが光ファイバーを利用した光回線です。

光回線のメリット

メリットは、通信が安定していて速度が速いという特徴があります。そして光回線には基本的に速度制限はありません。通信容量を気にせずに使うことができます。

光回線のデメリット

デメリットは、光回線を設置するのに回線工事が必要なことです。申込みからインターネットが使えるまでに3~4週間、場合によっては2カ月以上も時間がかかることがあるという点です。

光回線の種類

世の中には数えきれないほどの光回線サービスがありますが、大きく2つの系統に分けて考えるとわかりやすくなります。
NTTが提供するフレッツ光の系統と、そうじゃない光回線です。

フレッツ光系統の光回線とは

日本でいちばん有名で最大規模の光回線は、NTT東日本 NTT西日本が提供している「フレッツ光」です。このフレッツ光回線は、NTTが直接ユーザーに提供しているだけじゃなく、ほかの事業者がフレッツ光回線網を借受けて光回線サービスを提供している「光コラボレーション」があります。

NTTが直接提供しているのが「フレッツ光」
ほかの事業者が提供しているのが「光コラボレーション」
どちらも同じフレッツ光回線網を利用していますので通信品質は同じです。

そして「光コラボレーション」を提供している事業者として、
・ドコモ光
・ソフトバンク光
・ビッグローブ光
・GMO光アクセス
など、ほかにもたくさんあります。

そうじゃない光回線とは

NTTのフレッツ光の回線網を使わずに独自の回線システムを構築して提供している光回線サービスです。
その特徴は一般的に通信速度が速く安定している傾向があります。フレッツ光回線と比べて利用者が少ないため混雑による速度低下が少ないためです。
ただし、利用できるエリアがフレッツ光回線と比べると狭いため対応できない地域もまだ多くあります。
もしお住いの地域が対応エリアであるならばイチ押しで考えてみるのもいいでしょう。

そうじゃない光回線のサービスとしては、
・auひかり
・NURO光
が有名です。その他にも電力会社系の光回線があります。

GMO光アクセスを推す理由

複雑な料金プランを一切排除したシンプルな料金システムが魅力

光回線の契約をややこしくしているのは、その複雑な料金プランやキャッシュバック、オプションとの併用が条件だったり、スマホとセットなど、けっこういろんな縛りが付いてきます。うまく条件を満たせればおトクなものもあるのですが、この先何年もその条件をクリアしていられるかは正直わからないと思います。

例えば、スマホとセットでスマホ料金が大幅に割引になります。確かにおトクだと思いますが、今後何年にもわたってスマホのキャリアが決まってしまう。もちろんそれでいい人はいいでしょう。しかしスマホの料金を安く抑えたいのなら格安スマホを選ぶという選択肢もあります。

スマホはスマホで安く。ネット回線はネット回線で安く。そういう自由さがある光回線が「GMO光アクセス」です。

月額料金がずーと変わらない4818円(戸建タイプ)

同じ光コラボレーションのドコモ光の月額料金は5720円です。
その差およそ900円。1年で10800円、5年で54000円、10年なら108000円の差になります。

WiFiルーター0円!基本工事費実質0円!解約違約金0円!

基本工事費実質無料になるのはほとんどの光回線でそうなので、まああたりまえと言えるでしょう。しかし解約違約金0円は他にはないサービスです。ちなみにドコモ光の解約違約金は14300円です。

また、WiFiルーター無料のプランはけっこうありますが、月額料金が4400円と激安のauひかりではWiFiルーターはレンタルで月額550円と有料です。合わせると月額4950円になります。まあこれでも十分安いのですが。

余計なオプション一切無し!キャッシュバックも無し!

「キャッシュバックも含めて計算するとこんなに安くなります。」という光回線のキャンペーンもありますが、GMO光アクセスはシンプルに月額料金の安さが勝負の光回線です。
また、余計なオプションが一切ありません。シンプルに高速インターネット回線を安価に提供するのが「GMO光アクセス」です。

光回線なら「GMO光アクセス」がシンプルでいい!

シンプルに月額料金が安い光回線 GMO光アクセス
基本事項 ・2年プラン
・初期登録料3300円 ・初月日割
料金プラン
【税込価格】
[ファミリー(戸建タイプ)]の月額料金
[サービス開始月] 4818円 の日割
[1~24カ月目] 4818円
[25カ月目以降もずーっと] 4818円
[マンションタイプ]の月額料金
[サービス開始月] 3773円 の日割
[1~24カ月目] 3773円
[25カ月目以降もずーっと] 3773円
おすすめポイント WiFiルーター 0円
基本工事費実質 0円
解約違約金 0円
(契約上は2年自動更新プランですが解約違約金がかからないので実質縛り無し)
特長 シンプルに月額料金の安さが勝負の光回線!
余計なオプション一切無し!
最近の記事 おすすめ記事
  1. WiMAXの申し込みが安心になる初期契約解除とTry WiMAXの解説

  2. WiMAX料金プラン【1年・2年・3年】比較した結果は?

  3. 月間何ギガ使うのか? ある大学生の実際はこうだった!

  4. 2年後、3年後の契約更新月【解約or更新】これ重要です!

  5. なぜWiMAXにすべきなのか? あなたがWiMAXにする理由!

  6. WiMAXホームルーターが分かる【簡単!家のWiFiガイド】

  7. 家の中のWiFi【ホームルーター】で解決!

  8. WiMAXホームルーターと光回線、どちらを選ぶべきか!

  9. WiMAXの申し込み時に安心サポートなどのオプションは必要か?

  10. WiMAXを比較するときに知っておくべきポイント

  1. WiMAXホームルーターが分かる【簡単!家のWiFiガイド】

  2. WiMAX料金プラン【1年・2年・3年】比較した結果は?

  3. WiMAXの申し込み時に安心サポートなどのオプションは必要か?

  4. WiMAXの申し込みが安心になる初期契約解除とTry WiMAXの解説

  5. WiMAXを比較するときに知っておくべきポイント

  6. WiMAXホームルーターと光回線、どちらを選ぶべきか!

  7. 月間何ギガ使うのか? ある大学生の実際はこうだった!

  8. 家の中のWiFi【ホームルーター】で解決!

  9. 2年後、3年後の契約更新月【解約or更新】これ重要です!

  10. なぜWiMAXにすべきなのか? あなたがWiMAXにする理由!

GMOとくとくBB WiMAX+5G

TOP